OHKITA MEDICAL CLINIC   ホームへもどる

一般耳鼻咽喉科外来
アレルギー性鼻炎と花粉症外来
小児耳鼻咽喉科外来
音声外来(ボイストレーニング)
補聴器外来
睡眠時無呼吸&いびき外来
めまい外来
突発性難聴外来
禁煙指導と咽喉頭癌検診
日帰り手術

一般内科外来
メタボリックシンドローム外来
リウマチ・膠原病外来
むくみ外来
冷え性外来
夏バテ外来
漢方外来

点滴療法外来
サプリメント外来

Lifetime Healthy Diary

ドクターズ・コメント

病気にならないために
自己免疫って何ですか?
健康は食事から
生活習慣病と予防医学

病気にならないために

dr_miki三木知博

 わが国の平均寿命は、生活水準や栄養状態、衛生状態の改善、保健 医療の充実などにより大幅に伸びてきています。しかしながら、高血圧や糖尿病などのようにほかの重篤な疾患の引きがねになったり、合併症により日常生活に支障をきたすような疾患は増加しています。
 一方、従来は、早期発見・早期治療という言葉が示しているように、発症してからどのように治療していくかに重点が置かれていました。さまざまな研究によりある種の疾患は、遺伝要因などの他1に生活習慣の乱れが発症に大きく関与していることがわかってきており、これらを「生活習慣病」と呼ぶようになりました。
さらに動脈硬化や、がんなどをひきおこすのに、活性酸素の関与が注目されています。

 1997年の国民生活に関する世論調査では、不安の第1位は自分の健康であり、家族の健康であるという結果が出ています。いま時代は、健康を増進し、発病を予防する方向へと転換しています。食生活にもバランスの良い食事をとるだけでなく、
活性酸素を除去する抗酸化食品を摂ることがめられています。さらに最近ではさまざまなサプリメントが出ており、それらを吟味した上で上手に利用することも有効だと言えます。

 また我々の先達の長い経験から得られた、伝統医療があります。自然界から得られる「生薬」のなかに、多種多様な作用を持つものも少なくありません。
漢方薬はこれらの生薬を混ぜ合わせたものであり、副作用がないわけではありませんが、いわゆる合成医薬品と比べて安全性が高いのも事実です。
従来、漢方薬は薬理学的生化学的分析が充分なされていませんでしたが、最近少しずつですが検討され科学的にも実証されつつあります。
これから高齢社会に向かうなかで、病気にならない工夫がとても大切になってくると言えます。
そのなかでも従来から言われている「医食同源」をまさしく実行していく時期にさしかかっていると言えるのではないでしょうか。

▲画面のトップへ

自己免疫って何ですか?

dr_miki三木知博

 私たちの身体は、外部から侵入してくる外敵に対してそれを阻止し、排除しようとする働きを持っています。これが「免疫」です。つまり「免疫」というのは、「疫=やまい」を「免」れるというとても大切な役割を果たしています。
もし免疫の力がなければ、外からばい菌やもっと小さなウイルスが入ってきたときに、自分自身の身体を守ることができず、命を落とすことさえあります。

 そう考えると「免疫」はとても大切なものだということが、お分かりいただけると思います。
ところがこの免疫が我々の身体にとってマイナスに作用することがあります。そのひとつがアレルギーであり、もうひとつが自己免疫病です。

 アレルギーというのは、花粉やダニなど外からの侵入者に対して身体が必要以上に反応し、そのことによってかえって自分自身の身体を傷害してしまうものです。自己免疫病は、自分自身を認識する機構に異常が起こり、自分自身を自分自身の免疫機能が傷害する状態です。
それが、主に関節の滑膜というところが傷害されるのが、関節リウマチであり、細胞の核やDNAが傷害される場合が、全身性エリテマトーデスということになります。

 したがって、自己免疫病といっても、症状は多彩で診断も容易ではないものもあります。病気の原因は、いまもって解明されていませんが、現在は、さまざまなお薬があり、症状を抑えることも可能で、予後も大きく改善されました。
難治性ではあることに変わりはありませんが、きっちりした治療により日常生活に支障なく過ごせることも多くなりました。ご不安はあると思いますが、自己免疫病はストレスも良くないといわれています。病気とうまくつきあっていくことを考えませんか。私たちは、みなさんと共に病気が牙をむかず、おとなしくしていてくれるお手伝いしたいと考えています。

▲画面のトップへ

 

健康は食事から

dr_izumi.jpg泉 寛治  

日本人の食生活を考えて見ますと第2次世界大戦後、輸入食品も増え、食事欧米化が進み、身長も高くなり、体力もつき、人口も増え、経済成長の国策に沿うものでした。
タンパク質、脂肪、砂糖の消費が増え、過食、運動不足が加わり、そのため生活習慣病、脂肪肝、大腸癌、痛風などが増え、特に動脈硬化から脳血管障害、心疾患が増してきました。
病気も欧米型となり変わりましたが、医療水準が高まり、医療保険制度の浸透などから平均寿命は世界最高を保ち続けるようになりました。

 しかし、最近の食生活は、特に若い人において乱れてきたように思います。
糖尿病患者のための食品交換表は、朝・昼・夕食、同エネルギー量にするようにと正しく健康食基準を教えていますが、若い人の食事時間は不規則で、外食、間食、宴会、パーティーが多く、ファーストフード、インスタントフード、販売機の飲料などが終日入手でき、1日30品目取れといわれる食品数が少なく、食物繊維が不足しています。ストレス食い、テレビの見ながら食い、早食いがよくありません。
サプリメントは栄養補助食品として不足を補ったり追加したりして健康維持増進を図るためのもので、手軽に摂取でき、ビタミン、ミネラル、食物繊維、天然成分の抽出物などで、ますます流行してきました。
コレステロールを含む動物性食品より植物性食品、紅花油、魚介類、EPA、DHAなどが推奨されるようになってきました。農薬、防腐剤、添加物の摂取は公害などと共に平均寿命を下げかねないと思います。
医食同源、医は食に通ずと申します。
酒類の過飲など悪いものの摂取は減らして、良いものを多く摂りましょう。

▲画面のトップへ

 

生活習慣病と予防医学

dr_izumi.jpg泉 寛治

 生活習慣病は、生活習慣、食習慣を改善すると良くなるものです。40歳を超えると、心臓、神経など生命維持に必要なものはそれほど衰えませんが、体の臓器が皆、老化してきて機能が落ち、重量が減ってきます。若い頃と同じようにお酒が飲めると思っている人も、翌日の疲れは以前より強く、がっかりするものです。これも主に肝臓のアルコール処理機能が落ちているからです。

 このように下り坂になった臓器の負担にならないように、長く働いてもらえるよういたわって、生活習慣を是正することがこの病気を予防するコツとなります。
日本人の主要死因は、悪性腫瘍、脳血管障害、心疾患の順ですが、あとの二者は血管の老化、すなわち動脈硬化が大きな原因となっています。最近注目されていることは10大主要死因に入っていない糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧の4つの病気が生活習慣病の主なものですが、それぞれ動脈硬化の進展を促進し、心筋梗塞や脳梗塞などの死亡率を高めているということです。この4つの病気は成人に非常に多い病気で近年の欧米風の生活様式、食生活、すなわち過食、運動不足、ストレスによって起こります。
そして、糖尿病が発症すれば肥満、高脂血症、高血圧を伴うなど、互いに関連する病気です。これらはあまり症状もなく、一見、進行性の病気とも思われません。

 しかし、この4症は併発することが多く、そのような時に動脈硬化が極度に進展するのです。
そのため「X症候群」とか「死の4重奏」と言われています。医学が進歩し、たいていの病気は検査で診断され、薬物、免疫療法で治るようになりましたので生活習慣の是正などで病気を予防することが大切になってきました。
日本は高度文明の社会となり、そのための世界一の長寿国となってまいりました。ですから、その文明に浴することは、生活の質(クォリティ・オブ・ライフ)を上げることにつながります。しかし、身体的欠陥が生ずれば、生活の質を下げざるを得ません。したがって、生活、食生活の様式に少しの配慮をすることが、充実した長寿を享受するために
大切だと言えます。

▲画面のトップへ

クリニック紹介 医師紹介 ドクターズ・コメント 医療従事者の方へ 連携病院・施設
大北メディカルクリニック 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング4F TEL.06-6344-0380
Copyright (C) 2008 OHKITA MEDICAL CLINIC All rights reserved. プライバシーポリシー