OHKITA MEDICAL CLINIC   ホームへもどる

一般耳鼻咽喉科外来
アレルギー性鼻炎と花粉症外来
小児耳鼻咽喉科外来
音声外来(ボイストレーニング)
補聴器外来
睡眠時無呼吸&いびき外来
めまい外来
突発性難聴外来
禁煙指導と咽喉頭癌検診
日帰り手術

一般内科外来
メタボリックシンドローム外来
リウマチ・膠原病外来
むくみ外来
冷え性外来
夏バテ外来
漢方外来

点滴療法外来
サプリメント外来

Lifetime Healthy Diary

冷え性外来
hiesyo 冷え症に悩む女性は、実に世の女性の7割以上といわれています。冷え症は、なぜ起こるのでしょうか?人間は体温を一定に保つことのできる「恒温動物」です。冬でも夏でも体温はほとんど変わりませんよね?人間の体は体温調節をとても繊細に行っています。繊細な機能だからこそいったん壊れると、なかなか治りにくいのです。

 皮膚のいたるところにある熱センサーから脳に、「寒い!」という信号が送られます。そして、視床下部という脳の一部から全身の細胞たちへ、体温を上げるように指令がでます。視床下部はいわば、体温調節の司令塔です。この指令を全身に伝えるためには、ホルモンや自律神経が大きな役割を果たします。

 そして、これらがうまく働くためには、正常な血液の流れが絶対に必要不可欠です。最近の多くの女性は運動不足です。血流を手っ取り早く良くする方法は、筋肉を動かすことです。運動をすれば、体がポカポカします。これは血流が良くなるからで、運動を定期的に行うとホルモンや自律神経のバランスが整い、冷え症の予防になります。
つまり、血流が悪くなると、体温調節がうまく働かなくなり「冷え症」が症状として現れます。冷え症の原因をまとめると、

・乱れた生活習慣や生理によるホルモンバランスの崩れ
・飲水不足、運動不足などによる血流の悪化
・自律神経バランスの崩れ

p_hiesyou2

などによるものと考えられます。

 冷え症外来では、まずこの体温調節機能に乱れはないかを検索します。その上で、最適な治療法を選定し、ドクターと一緒に考えながら着実に冷え症の改善を目標とします。

▶点滴療法

クリニック紹介 医師紹介 ドクターズ・コメント 医療従事者の方へ 連携病院・施設
大北メディカルクリニック 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング4F TEL.06-6344-0380
Copyright (C) 2008 OHKITA MEDICAL CLINIC All rights reserved. プライバシーポリシー