OHKITA MEDICAL CLINIC
 
ホームへもどる

点滴療法外来

tenteki 当院では、「健康増進」という理念のもと、極力副作用なく、安全かつ長期的な様々な効果が得られるよう、点滴療法を推奨しております。ぜひ、ご自身の自然治癒力を高めるという喜びを感じて下さい。

▶オーダーメイド高濃度ビタミンC点滴療法についてはこちら

 欧米諸国では、ビタミンやミネラルなどの栄養素を多量に投与し、免疫システムを調節・強化し、本来人間に備わっている自然治癒力を高める治療法に関心が集まっています。その一つ、静脈内へ直接栄養素を点滴注入する「点滴療法:IVMT」は、アメリカにおいて多くの医師が利用しており、副作用の非常に少ない安全な代替治療法として確立されています。

 IVMTは、本来、通常経口で摂取する栄養素を直接静脈内に注入するというもの。栄養分が胃や腸などで胃酸や消化酵素などの影響を受けないため、吸収効率が非常に良いと考えられています。当院では、ビタミンCを主成分とした、「高濃度ビタミンC点滴療法」を主に行っております。ビタミンCは、人体では脳・目・副腎に高濃度で存在します。逆に言うと脳・目・副腎には大量のビタミンCが常に必要ということです。特に、副腎はステロイドホルモンを作り免疫や生殖機能などに大きく影響します。また副腎は、自律神経の要としての臓器でもあります。すなわち、アレルギーを抑えたり、ストレスに耐えたりする上でとても重要な臓器です。以下は、ビタミンCの考えられている作用です。

1.コラーゲンを作る 皮膚のハリの保持、関節・筋肉・歯肉を強化する
2.強力な抗酸化作用 動脈硬化や悪性腫瘍を予防し、活性酸素を除去し老化を遅らせる
3.免疫力の強化・調節 白血球の働きを強めたり、アレルギーを抑える可能性
4.有害ミネラルの解毒 水銀・鉛・食品添加物の解毒に必要
5.メラニン産生を抑制 シミ・くすみの除去、美白効果
6.脂質代謝の改善 コレステロール値の改善効果
7.ストレス抑制効果 胸焼けや胃痛の予防、便秘改善効果

 しかしながら、ビタミンCは特効薬ではありませんので、すぐに改善する治療法ではありません。

▶めまい  ▶むくみ  ▶冷え性  ▶夏バテ

 

クリニック紹介 医師紹介 ドクターズ・コメント 医療従事者の方へ 連携病院・施設

大北メディカルクリニック 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング4F TEL.06-6344-0380
Copyright (C) 2008 OHKITA MEDICAL CLINIC All rights reserved. プライバシーポリシー