OHKITA MEDICAL CLINIC   ホームへもどる

一般耳鼻咽喉科外来
アレルギー性鼻炎と花粉症外来
小児耳鼻咽喉科外来
音声外来(ボイストレーニング)
補聴器外来
睡眠時無呼吸&いびき外来
めまい外来
突発性難聴外来
禁煙指導と咽喉頭癌検診
日帰り手術

一般内科外来
メタボリックシンドローム外来
リウマチ・膠原病外来
むくみ外来
冷え性外来
夏バテ外来
漢方外来

点滴療法外来
サプリメント外来

Lifetime Healthy Diary

睡眠時無呼吸&いびき外来

Ibiki.jpg

睡眠時無呼吸の分類
OSASの原因
OSAS患者の睡眠パターン
検査と治療法について
CPAPの原理

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS)とは

睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返し、その結果、日中に傾眠などの種々の症状を呈する疾患の総称をいいます。
主な症状は、いびき、日中の眠気、熟眠感がない、起床時の頭痛、などです。
※無呼吸(apnea)とは?・・・ 10秒以上の気流の停止をさします。

 

睡眠時無呼吸の分類

睡眠時無呼吸には以下に示す3つの型があります。
閉塞型 (Obstructive Sleep Apnea Syndrome : OSAS)
中枢型 (Central Sleep Apnea Syndrome : CSAS)
混合型 (Mix Sleep Apnea Syndrome : MSAS)

睡眠時無呼吸の分類

閉塞型(Obstructive Sleep apnea = OSA)
 
 睡眠中に上気道が閉塞して気流が停止するもので、無呼吸の間でも胸壁と腹壁の呼吸運動が認められるが、動きは互いに逆になるという奇異運動を示す。
中枢型(Central Sleep apnea = CSA)
 
 呼吸中枢の機能異常によりREM期を中心とした睡眠中に呼吸筋への刺激が消失して無呼吸となる。
混合型(Mix Sleep apnea = MSA
 
 中枢型無呼吸で始まり、後半になって閉塞型無呼吸に移行する場合が多い。閉塞型無呼吸の一つとして分類することが多い。

 

▲画面のトップへ

OSASの原因

OSASは、上気道の閉塞によって無呼吸、低呼吸が起きるために発症する。

 <閉塞の原因>

(1) 形態的異常: 肥満によって気道に脂肪沈着する、扁桃肥大、巨舌症、鼻中隔彎曲症、アデノイド、小顎症(あごが小さい)など。
(2) 機能的異常: 気道を構成している筋肉の保持する力が低下する。


▲画面のトップへ

OSAS患者の睡眠パターン

 このように睡眠時無呼吸症候群があると、深い睡眠が抑制されるため、昼間の眠気や記銘力の低下がおこり、交通事故や労働災害をおこしやすくなります。また、合併症として高血圧や心疾患、脳卒中などの頻度が高くなると考えられています。

▲画面のトップへ

検査と治療法について

睡眠時無呼吸症候群の検査

当院では、胸壁・腹壁の動き、鼻の気流などの呼吸状態を検査する簡易診断器を用いて、日帰りで検査を行っています。

 

治療法

OSASの治療法として、重症度に応じて以下の治療を行っています。
・日帰り手術
・CPAP(シーパップ;経鼻的持続陽圧呼吸法)


▲画面のトップへ

CPAPの原因

睡眠時無呼吸症候群は、舌は気道をふさぐなどの原因により気道が閉塞し、無呼吸になります。
 
CPAPは鼻マスクを介して、一定陽圧の空気を送り込み、上気道を広げます。広げるための圧力はココに異なります。

▲画面のトップへ

クリニック紹介 医師紹介 ドクターズ・コメント 医療従事者の方へ 連携病院・施設
大北メディカルクリニック 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング4F TEL.06-6344-0380
Copyright (C) 2008 OHKITA MEDICAL CLINIC All rights reserved. プライバシーポリシー